読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キンミドリ

イエとモノとシンプルライフ

すまい給付金の申請に必要なもの

Shiny Things

もう大分経ってしまいましたが、今回はすまい給付金の申請をした時の事を。
慣れない事やるのはメンドクサイなぁ

給付を受けられる期限がありますので、面倒でも早くやっておいた方が良いですね。

人によって必要書類も変わってくるみたいです。詳しくはすまい給付金のページ
http://sumai-kyufu.jp/sp/
こちらに全部載ってますが、それを言ったらこれ以上書かなくても済んでしまいますね…

我が家で必要だったものを挙げていきます。
建売、新築、住宅ローン有、夫婦で共有となります。

給付申請書

条件によって書式が変わるようです。ウチは新築でローンも使ってるので新A-1という申請書。
書類はハウスメーカーの営業さんが用意してくれましたけど、早く欲しい場合はダウンロードして印刷するのがよさそうです。

記入方法も一緒に付いているので書き方に困る事はないと思います。ほとんど他の必要書類に載っています。載ってないのは引渡し日くらいでしょうか。

個人住民税の課税証明書

転居前の市町村で発行して貰います。
また、建物の引き渡し時期によって必要な年度が変わるので注意して下さい。

通帳のコピー

振込先口座を確認するために必要です。

検査の実施が確認できる書類

ウチの場合は、住宅瑕疵担保責任保険の付保証明書をコピーしました。

住宅ローン契約書のコピー

自分には関係なくて気にしてませんでしたが、ネット銀行だとこの辺めんどくさそうですね…
どうしたらいいのか、契約する前に確認しておいた方が不安も解消するのではないでしょうか。


まとめて申請 利用確認書(共有名義の場合)

建物が共有名義で持分を設定している場合は給付金も持分と同じ割合に分けられ、申請もそれぞれ行わなければなりません。
まとめて申請をすると必要な書類がいくつか省略できて、書類発行やコピーの費用を少し減らせます。


ここから下の書類は、まとめて申請をすれば一人分で大丈夫です。

住民票の写し

転居後のもので、マイナンバーが記載されていないもの。発行から3ヶ月以内のもの。
まとめて申請する場合は世帯全員が載っている住民票が必要です。

建物の登記事項証明書

発行から3ヶ月以内のもの。
ウチでは登記の書類を受け取る時一緒に入ってたのに3ヶ月過ぎてしまって取りなおしました。
法務局で交付してもらうんですけど、オンラインでも申請できます。こっちの方が楽だし手数料も少し安かったような。

不動産売買契約書のコピー

うろ覚えなんですけど、契約書全体をコピーしたような気がします。
これは念のためにやったことで、もし約款の部分が不要ならコピー代が少し減りますが、確認した方がいいかも…



書類は以上です。
一人分ずつクリアファイルに分けて、まとめて送りました。
特に問題なく給付されたので今後発生するメンテナンスの足しにできそうです。