キンミドリ

イエとモノとシンプルライフ

シンプルライフにおすすめなクレジットカード

Credit Card With Money Ver2

支払いはほとんどクレジットカードばかりのクレカ好きです。

用途に応じて数枚持つのが上手にカードを使いこなしている感じがしますよね。ですが枚数を増やすとその分管理も大変ですし、リスクも大きくなってきます。

クレジットカードは好きでも枚数は抑えたいと思い、シンプルに持ちたい場合について考えてみます。


どんなカードがシンプルライフ向け?

  • 利便性が良い
    まずは国際ブランドでしょうか、枚数を持たない分1枚で幅広く使えるものにしたいです。

    また、カードが使えない場合の事を考えておく必要があります。2枚持つのであればそれぞれで補えますが、1枚なら使う予定分の現金も念のため持っておきたいですね。

    電子マネーの有無も利便性に関わります。対応している場所ではカードを渡さずに済みますし、スマホに登録できれば財布を開く必要すらありません。

  • 使う場所を選ばない
    この店でカード出すのちょっと気まずいなぁ…と思う場面があります。例えばよく行くデパートで作ったカードを他のデパートで使う…とか。

    気にしなければどうでもいい事なんですけど、気になる人は気になるもの…こういった事も使いやすさのひとつかなと思います。

  • 手間がかからない
    サービスの改悪やサービス自体が終了してしまう度に別のカードを申し込んだり、もし固定費の支払いに使っている場合はその切り替えもしなければなりません。
    なるべくずっと使い続けられるものが良いですね。

    キャッシュカード一体型のような機能が集約しているカードも、機能の一部だけを別のサービスに変えたい時やトラブルが起きた時は面倒なことになりそう。逆にそういった心配がない方には一枚で便利に使えるとも思います。


重視する点を決める

何を重視するかによってその人に合うカードは変わってきます。
年会費、還元率、安心感、カードフェイス等…優先順位をつけておくと選びやすくなります。


おすすめの二枚

色々書くと長くなってしまうので、使ってみた感じからメリット3つデメリット1つと、比べておきたいカードの事を少しだけ。

三井住友VISAクラシックカードA


三井住友VISAクラシックカードは幾つか種類があります。こちらは最後に[A]とついているカードです。

メリット
  • 高い知名度と安心感、セキュリティの良さ
    顔写真付きのカードも作ることができるためセキュリティ面で優れており、知名度の高さからくる安心感もあります。

  • 条件付き年会費無料
    年会費は1500円+消費税です。
    それだけサービスも充実しているということですが、リボ払いの登録をして年に一度でもカードを使えば年会費は無料になります。

    リボ払いの登録については内容をきちんと理解した上で行いましょう。

  • デスクがフリーダイヤル
    今では大抵の事がネットで解決しますが、電話が必要な場合もあるかもしれません。
    そこでナビダイヤルだとガイダンスに従っていったあげく中々繋がらなかったりして…問い合わせたい内容に加えて通話料まで気になってきます。

    このカードはフリーダイヤルのデスクが使えるので安心して連絡できます。

デメリット
  • 還元率が一般的
    還元率は0.5%〜です。貯めやすいですが還元率が特別高いというわけでもありません。
    獲得ポイントを増やす方法はいくつかあり、モール経由でのネット通販やココイコ!というサービスなら利用も簡単でポイントアップを狙えます。
    リボ残高を毎月調整してポイントアップ!なんて方法もありますが…シンプルに使いたいという目的とはズレてしまいます。


    ポイントはそこまで意識しないけど、安心感と使いやすさが大事!という方にオススメです。

比較するなら
  • JCB一般カード
    普段使いでの主な違いは国際ブランドと電子マネー、年会費無料の条件あたりです。


楽天カード


年会費無料でポイントが沢山貰えるほどお得になるのは間違いないですよね。

メリット
  • ポイントを交換する手間がない
    大抵のカードは獲得したポイントを交換する作業が必要になります。このカードだけではありませんけど、ポイントをそのままネットショッピング等に当てられるのは楽です。

  • 利用速報メール
    即時とはいきませんがカードを使うと利用内容のメールが来ます。
    不正利用を早期に察知できるほか、浪費を再認識させられているような感じもする…ありがたい機能です。

  • 電子マネーのチャージにもポイント付与
    Suicaプリペイド型の電子マネーにチャージする際にもポイントが付与されます。(nanacoのチャージでポイントが付くのはJCBのみ)


デメリット
  • 期間固定ポイントに気をつかう
    通常のポイント期限はカードを使っていれば延長されるのであまり気にする必要もありませんが、それとは別に期間固定のポイントがあってこちらはすぐに期限が来てしまいます。

    ポイントで節約したいのにそのポイントが無駄にならないよう必要でもない物を買ってしまっては本末転倒なので、使い道を決めておくと良いかもしれませんね。

    僕は少しくらい捨ててしまうか、ボールペンの替芯買ったりしてました。


    利便性に加えてポイントの使い勝手も気にしたい方にオススメです。
    上の写真は、僕がパンダデザイン(JCB)の時に申し込んだので通常の券面ではありません。
    現在は国際ブランドにMasterCardを選択するとパンダデザインになります。(2017/02/28)

比較するなら
  • Yahooカード、リクルートカード
    貯めたいポイントによって決めるのが良さそうです。


    以上となります。
    更に自分の今使っているカードも書こうかなと思ったんですけど…長くなってしまったのでまた改めます。

各カードの詳細は公式ページで