読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キンミドリ

イエとモノとシンプルライフ

融資手続きと施主検査

今回は住宅ローンの契約と施主検査の話です。


住宅ローンの契約も終わりました

Money_010

ここまではハウスメーカーの営業さんが間に入ってましたので、銀行と直接やりとりするのは初めてになります。

個室に通されることなんてないから何となく緊張する…


でも契約当日なんて、今まで決めて来た事を確認しながら用紙に記入していく作業みたいなものです。
もちろん気は抜けませんけど何か悩んだりすることは通常少ないと思います。ウチは直前まで悩みましたけど…

まだ決めきれてないことがあった

先述の通り、本審査の結果が出た時点で契約内容はほぼ決まっています。ですが実は、本審査も2パターンやっていました。

固定と変動、金利のタイプです。

それぞれの金利優遇率も出してもらって、契約まで考えられるよう時間を貰っていました。
さすがにその場で唸ってたわけじゃなく事前に決めてましたけど、普通はもっと落ち着いて当日を迎えるものなんだと思います。


施主検査、要望を出す最後のチャンス?

3D Home Inspection Checklist

銀行からそのまま、施主検査も兼ねた引き渡し前の説明会に向かいます。施主検査の様子をネットで調べてみましたけど、やはり気合入れて臨むものですよね。

不具合や大きなキズが残ったまま引き渡しになるのは避けたいですし、ウチでもチェックシートとか印刷して持参しましたが…

結局何も使いませんでした。
指摘したのも、気になるキズの修復やコーキングの追加等…計6ヶ所くらいでしょうか。

自分たちでチェックできる時間はそれほど多くないと思うので、見る場所は優先順位をつけた方がよさそうでした。

あまりに微細なキズとかにこだわっててもきっとまたすぐ付いてしまうでしょうし、その分重要なところに時間割いた方が良いような気がします。

もし十分な時間がとれてチェックシートも活用できるのなら、項目が被ってても 部屋ごとに完結させた方が分かりやすそうだなーと感じました。

自分達が印刷したシートは、例えばフローリングなら全ての部屋のフローリングを見終わらないとチェックを付けられないため、気になる場所とか他を見ているに頭から抜けてしまいそうです。後からもきっと見直しやすいハズ。


キズは後からでも気付いた時に連絡いただければ直しますとは言っていたけど、それは当然として重要なのはそれが無料かどうかですよね。
(住み始めてからしばらくして見つけた傷や汚れもすぐに対応して下さいました)